シーン別の用途

介護施設の場合

厨房の衛生管理

患者や入居者等、免疫力の低下した人の食事の安全性は健常者以上に注意が求められます。厨房においては、食材の殺菌や器具食器の殺菌、清掃に利用し、食中毒の防止に役立てることができます。

器具機械の清掃

不特定の人が利用する器具は病原菌の感染源となる可能性が高く、また心理的にも不安を感じるものです。利用後又は利用前に洗浄、清拭除菌を行うことで安心して利用でます。介護用のレンタル機器などの除菌洗浄にも最適です。作業員の安全を守る上からも重要です。

浴室の清掃除菌

患者が次々と利用する浴室は感染予防や利用者の安心感の見地から利用の都度除菌することが望まれます。最後に微酸性電解水で洗い流すだけで手軽に除菌や脱臭を行うことができます。

トイレの清掃除臭

不特定の人が利用するトイレは不潔になりがちで、感染症の蔓延原因となることも珍しくありません。トイレの清掃や、特に汚物の処理後の清掃除菌などに利用すると、除菌や脱臭の効果があります。

建物内清掃

床、廊下、壁、手すりなどの清掃に用いると、除菌効果により院内感染防止の対策になり、付着した臭気の除去も期待できます。また利用者への安全性のアピールにも有用です。

脱臭

空中に噴霧することで室内に漂う臭気の軽減が可能です。特に病院や老人介護施設等で問題になる排泄物の臭気が軽減されることが確認されています。また器物に付着した臭いも洗浄、清拭等の方法で除去できます。施設に対するイメージアップの効果もあります。

作業衣、リネン類の除菌、脱臭、漂白

作業衣等の洗濯時の最後の濯水として微酸性電解水を利用すると、除菌、除臭、漂白等の効果が期待できます。汚染の拡散を防ぐためには洗剤による洗浄の前に微酸性電解水で洗うと効果的な場合もあります。外部の業者に洗浄を委託している場合は微酸性電解水の利用を条件にすることで作業衣等の安全性が確保できます。

体表、傷等の洗浄

無菌水である微酸性電解水で体表を洗うことにより患者の傷等を清潔に保つことができます。

幼稚園・保育園の場合

@園内全域利用

貴園の衛生管理、感染の予防に電解水装置設備と園内配管設備をほどこし園内の各所で電解殺菌水をご利用いただく。

A園内拠点利用

貴園の厨房など重要拠点に電解水装置を設置し衛生管理にご利用いただく。

B環境対応型清掃

強アルカリ水の脱脂・洗浄効果を活用し、清掃を効率よくします。強アルカリ水で洗浄した後、微酸性水で殺菌する。この組み合わせで、環境にも人体にも非常にやさしい環境対応型清掃が実現します。

幼稚園・保育園の場合

厨房の衛生管理

免疫力の弱い幼児の食事の安全性は健常者以上に注意が求められます。厨房においては、食材の殺菌や器具食器の殺菌、清掃に利用し、食中毒の防止に役立てることができます。

器具機械の清掃

不特定の子供たちが利用する玩具や遊具は病原菌の感染源となる可能性が高いのです。定期的に洗浄、殺菌を行うことで安心して利用でます。

トイレの清掃除臭

不特定の人が利用するトイレは不潔になりがちで、感染症の蔓延原因となることも珍しくありません。トイレの清掃に利用すると、除菌や脱臭の効果があります。

建物内清掃

床、廊下、壁、手すりなどの清掃に強アルカリ水と微酸性電解水を用いると、洗剤を使わない環境清掃が実現できま また保護者への安全性のアピールにも有用です。

空間除菌

空中に噴霧することで室内空間の除菌、そして臭気の軽減が可能です。

食品加工場の場合 「微酸性水」の事業所内全域配管

ポイント

◇微酸性電解水利用のメリット 味臭いの異常の解消  
水による濯ぎをしなくても塩素臭等の異臭が無く野菜そのものの風味が維持されます。

◇歯触りの劣化の解消
液性が微酸性域ですので、次亜塩素酸ソーダ液で洗った時のように野菜の組織を破壊することなく本来の歯触りが維持されます。


予備洗浄

◇加工場に搬入前に外面を殺菌洗浄し、加工場への微生物持ちこみを減らすことができます。

生野菜の殺菌洗浄

◇専用の洗浄機、小規模な手洗いにも効果的です。
◇予備洗浄、殺菌、濯ぎなど工程が分かれている場合でも、微酸性電解水のみで全行程を処理可能です。  野菜の移動方向とは逆に濯ぎから予備洗浄に向かって微酸性電解水を流すのがコツです。
 その場合少なくとも、殺菌槽から予備洗浄槽に移る水に、ある程度の有効塩素が残っていることが推奨されます。
◇最後の水濯はしないほうが二次汚染防止になります。
◇洗浄中には攪拌を行う方が効果的ですが、機械攪拌、空気攪拌の何れの方法でも問題ありません。作業場に塩素臭が立ち込めることもありません。

幼稚園・保育園の場合

厨房の衛生管理

免疫力の弱い幼児の食事の安全性は健常者以上に注意が求められます。厨房においては、食材の殺菌や器具食器の殺菌、清掃に利用し、食中毒の防止に役立てることができます。

器具機械の清掃

不特定の子供たちが利用する玩具や遊具は病原菌の感染源となる可能性が高いのです。定期的に洗浄、殺菌を行うことで安心して利用でます。

トイレの清掃除臭

不特定の人が利用するトイレは不潔になりがちで、感染症の蔓延原因となることも珍しくありません。トイレの清掃に利用すると、除菌や脱臭の効果があります。

建物内清掃

床、廊下、壁、手すりなどの清掃に強アルカリ水と微酸性電解水を用いると、洗剤を使わない環境清掃が実現できま また保護者への安全性のアピールにも有用です。

空間除菌

空中に噴霧することで室内空間の除菌、そして臭気の軽減が可能です。

食品加工場の場合 野菜に微酸性水の利用

切口や剥皮後の褐変防止

◇切口や剥皮後表面が褐変する野菜でも、微酸性電解水で洗浄することにより、切口の褐変化酵素が変性され変色が緩和される場合があります。

萎れ防止

◇室内での乾燥により萎れるのを防止するには、微酸性電解水を噴霧したり加湿器で加湿することにより衛生的に萎れを防止できます。人がいる場所でも支障なく実施できるのが特徴です。

器具容器の殺菌

◇加工用の器具や搬送用の容器からの汚染を防ぐために、微酸性電解水による器具類の殺菌が効果的です。

作業者の手指清浄化

◇手荒れはほとんどありませんので、作業者の手指や作業手袋の洗浄にも効果的です。

作業場床壁の清掃

◇作業途中や作業終了時に作業場の床や壁を微酸性電解水で洗浄することにより、二次汚染の防止、黴による汚れ防止、悪臭発生防止の効果があります。

食品加工場の場合 環境に配慮した「微酸性水」の利用

器具、機械、作業台の清掃、殺菌、除臭

◇作業中、作業終了時に使用した器具類を殺菌し、原料の汚染を低減することにより、風味の劣化や、臭気の発生を防ぐことができます。

床壁の清掃

◇床の汚染は半製品汚染の主原因ですので、微酸性電解水で常に清浄に保つと汚染低減になります。常時使用することで壁床の汚れ黴の発生、異臭の発生を予防できます。

一般衛生管理

◇作業者の手指の除菌、作業靴の除菌、トイレの清掃などに利用し、一般衛生観念の向上に役立ちます

周囲の環境への配慮

◇最終処理廃水の殺菌、排気の除臭、原材料容器の清浄化による昆虫や臭いの防止などにも利用できます。

食品店舗の場合 店舗での「微酸性水」

1)スタッフの手洗い、うがい

◇手洗いは、手に汚れ等が付着している場合、事前に石鹸等で汚れを落とす事が肝要。
◇2分以上が望ましいが、しっかり「スクラブ」すれば10〜20秒でも効果が期待できる。
◇手洗い、うがいともにウイルス対策として。


2)食器類・衣類の殺菌・洗浄

◇手洗い同様に、汚れが付着していれば事前に除去しておく。もしくは、微酸性電解水の 流水化で除菌と同時に洗浄する。
◇食器類等、表面がツルツルしているものは、接触直後に効果が期待できる。
◇衣類等は若干浸漬する時間が必要。


3)食材の殺菌・洗浄

◇生野菜等は「大量の微酸性電解水」で洗浄 する事が効果的。泥等の汚れは同時に洗い流すイメージ。
◇まな板や包丁等、器具類を介した二次感染の予防にも効果が期待できる。
◇生鮮品、花などの鮮度保持効果が期待できる



※記載資料は財団法人機能水研究振興財団発行資料より引用

スプレーボトルで直接 または生成装置から水道水感覚で、ジャブジャブとお使いください。

食品に塩素臭が残留するといった問題が起こらず、すすぎも不要なため節水と業務効率のUPが可能です。

手荒れの心配もなく、安全性が高いため口から摂取したり目などに入らないように留意する必要もありません。次亜塩素酸ナトリウムのように希釈する手間もかかりません。


食品店舗の場合 店舗での「強アルカリ性水」

1)環境対応型の清掃に

洗剤や薬剤を使わず「はたらく電解水」の能力により環境に配慮した清掃をご提案。

2)油汚れなど激しい汚れも解決

お惣菜売り場の床面、揚げ物調理場の周辺
グリストラップ、床面、トイレ 激しい汚れにご利用ください。


3)界面活性剤を含まないのですすぎ作業が大幅に減少

洗剤や薬剤を使わずに、強アルカリ水での洗浄をしますと作業工程が減りますので効率が大幅にアップします。

鶏舎の場合

Copyright(c) 2013 Norland Pacific. Inc. All Rights Reserved.